スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

温泉天国ブタペスト

一刻も早くシェンゲン抜けを計っている最中にどうしてまたシェンゲンエリアであるハンガリーへ来たかというと、理由は一つ。温泉。そうブタペストは温泉天国なんです。その昔、トルコに支配されていたハンガリーで今現在もその影響を伝えるものの一つがトルコ式の公衆浴場。

ハンガリーには1000もの鉱泉があり、その大半がブタペストにあるということなので、これは日本人としていかなければということでいってきました。まずは、ルダーシュ温泉。入り口でお金を払うと、ロッカー室みたいな所へいけといわれ、そこへ入ると真っ白なふんどしを渡された。そしてふんどしをつけて、中へ入るとそこはまさにトルコ式浴場。ハマムというやつですね。

真ん中に円形の大きな風呂があり、それを囲むように4つの小さな風呂があった。ほとんどの風呂がぬるめだが、小さな風呂の中には45℃のものもあり、気持ちがいい。初めはその雰囲気に少し圧倒されどうしていいかわからなかったが、日本の温泉好きをなめんなよって感じで、くつろぐことができた。

中には、スチームサウナと普通のサウナもあり、むしむし我慢し、ザバーっと水風呂に入るなんてことを繰り返したり、円形の中心にぷかぷか浮いていた。(中心の風呂はかなり深い)後で聞いた話だが、中心でつかることはホモセクシュアルのパートナー募集という意味があったらしく、冷や汗をかいた。しかし、あれだけ浮いていたのに誰にも声をかけられないところを見るとそっちの世界でももてないのか。残念???

そして、調子にのってもう一つ。名前は忘れてしまったが、ルダーシュとは違い、少し現代的なスパっぽい所。こちらは水着着用で混浴。3つの温度の違う風呂とサウナ。そして外にはプールとかなり広い。プールは帽子をかぶらなければいけなかったので入れなかった。

2つの風呂にいって気づいてみたが、ここの風呂は社交場としての機能も備えているのだろうか。とにかく、みんな風呂に入りながらおしゃべりおしゃべり。風呂自体はかなり広いので、あちらこちらで輪になっておしゃべりしてました。

自分も、イギリス人の観光客としばらく話していたのだが、阿部さんの次の首相は誰だっけと聞かれ、答えられなかった自分に呆然としてでてきました。やばいな。脳みそが溶け出してきている。
温泉

写真①ルダーシュ
写真②忘れた
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブタペスト 宿

ブダペストへは14:00到着。ネットで探していたヘレナハウスというゲストハウスへいくも、満室だと言われ、どうしようか困っていたところ、ヘレナが日本人宿を教えてくれたのでそこへ行ってみた。まずインターホンで交渉してみたが満室だと言われ、撃沈。

だがどうしてもあきらめきれず、中へ入って直接交渉すると、受付に日本人がいたので日本語で交渉するとあっさりOK。話を聞くと、外国人お断りだそうで、インターホンごしでは自分のつたない英語でも外国人に思われたらしい。

チェックインしたゲストハウスはアンダンテホステル。自分は何も知らなかったのだが、中欧最強の呼び声が高い日本人宿だということ。お茶を一杯いただき、まずは温泉へ。ブダペストは温泉天国ということで、早速温泉へ。

(詳細はまた今度)たっぷり4時間ほど温泉で汗を流して宿へ帰ると、何やら何かが始まるらしい。よくわからないままみていると、話題の中心はフォアグラ。ここブタペストではフォアグラが安く買えるということなので、今日はフォアグラパーティーらしい。

早速話にのっけてもらい、試食。今まで食ったことがなかったので他で食べるものと比較しようもないが、美味しかった。その後は飲み会。これだけでも十分満足だったのだが、その後、アンダンテホステルさんがお世話になっているというお寿司屋さんの差し入れで、寿司、鮭の焼き物、豆腐という今の状況では涙ものの差し入れをいただき、大満足。ウィスキーしこたま飲んで就寝。
フォアグラ


写真①使用前
写真②使用後
写真③寿司
写真④くさり橋(ちゃんと観光もしています)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。