スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

クロアチア宿 TOMAYA 苫屋

TOMAYA 苫屋

ここで住み込みのアルバイトとして働いている。

スプリットの旧市街からマルヤンの丘を背に進むこと約15分。一際背の高いクリーム色のビルディングが見える。ビルディングの基礎部分が高く、そこにはスプリットの雄「ハイデュク・スプリット」という地元サッカーチームのフラッグのグラフィティーが所狭しと描かれている。

そのビルディングの11階に宿「TOMAYA」はある。

朝目覚めると、朝が早いスプリットの街はもう動き始めている。街の息吹にもにたざわめきを聴きながら、リビングにある大きな両開きの出窓を開く。朝だというのにダルマチアの強い日射しが、ぼんやりと宙に浮いていたような自分の意識を覚醒させる。

一枚の写真のような景色の左側には、真っ青なアドリア海の碧色が。正面には深々とした緑の木々をたずさえたマルヤンの丘が見え、右側にはローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿跡を旧市街としてしまった独特の街並みが見える。街並みの中心にはペリスティル広場にそびえる大鐘楼ドゥイェ大聖堂が見える。

挽き立てのコーヒーの香りが部屋中に充満し、朝食を頼まれたお客様にサーブをする。今日はどこへいこうか、という好奇心に満ちたたくさんの顔を見ていると、こっちまで気分がウキウキしてしまう。人の楽しい波長というのは伝染するのだろう。

部屋の掃除、ベッドメーキング、洗濯などのルーティーンを終わらせてしまうと特にやることがない。ここに流れる時間があまりにもゆっくりゆっくり流れているせいなのか、日々のルーティーンワークも一つ一つを楽しく、丁寧に行うことができる。仕事という感覚はまるでない。

午後は自由時間。気ままに時を過ごす。何をすると決めるわけでもなく宿を飛び出し、その日の気分に合わせ時と遊ぶ。夏の街という形容詞がぴったりなスプリットの街はきれいなビーチもあり、歴史を感じさせる旧市街もあり、日帰りのエクスカーションも豊富だ。

宿に帰ると、リビングからスプリットの絶景の夕日を浴びながら、宿のオーナーとお客様が楽しく語らう声が聞こえてくる。宿のオーナーは、戦火のクロアチアの難民キャンプにボランティアとしてクロアチアに来た際に、クロアチアに恋をしてしまったということ。その恋の結末が「TOMAYA」という宿となって結実した。

オーナーの小さな体の中には、はちきれんばかりの情熱が垣間見れる。しかし、その情熱をすべて包み込むようなほがらかな人柄が人を惹き付ける魅力なのだろう。ヨーロッパ諸国では夏のリゾート地として名を馳せているクロアチアでも、日本ではまだ馴染みが浅いのだが、そのクロアチアにこの宿目当てに何度も足を運ぶ人も多いという。

お客様と宿との心暖かい交流がこの宿を支えている一番の要因なのかもしれない。

人は人それぞれ全く違う人生を歩んでいる。目の色、肌の色、考え方、育った環境、地域、パーソナリティー、運、人との出会い、野望、色々な要因が複雑にせめぎ合い、その人を構築している。その人がそれらの事象を構築しているのか、それらの事象からその人が構築されているのかはわからない。とにかくみんな違う。

だから、話を聞くととにかく面白い。話を聞きながら、ふっとその人の人生を感じることができる。そして、そんな話を聴きながら夜は更けていく。人の暖かさに触れると、遠く離れた愛する人を想いだす。あの暖かい場所へ帰りたいという気持ちが心を支配する。だが、まだ旅は終えれない。







そんな仕事をしています。ちょっとというかかなり自分の環境に酔っている文章なのでこっ恥ずかしいですが、宿の宣伝もかねてということでお許し下さい。宿のサイトもリンクしておいたので興味がある方、休みがある方はクロアチアでお待ちしています。以上宣伝でした。

スプリット 宿「苫屋」: 住所:11階 Pojsanska 25 Split 21000 Croatia(バスターミナル・駅・フェリー乗り場から徒歩7分)
電話番号 +385(0)21-572-658  携帯番号 +385(0)91-736-8101
※受付時間:現地時間→7:00~23:00・日本時間→14:00~6:00(午前) duie


スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

split

とりあえずこんな街で働いています。
split
写真1 宮殿と港の間にある遊歩道
写真2 椰子の木
写真3 宮殿跡
写真4 ディオクレティアヌス?と衛兵
写真5 旧市街の街並み
写真6 部屋からの展望
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

夏の街

3世紀にローマ皇帝が隠居のために建造した宮殿の街。


現在では南クロアチアの交通の要所であり多くの旅人が交差する街。


古代と中世が複雑に絡み合うような建築の街。


クロアチアの太陽がいっぱいに降り注ぐ夏の街。


そんな街 スプリット。

突然だがそんな街スプリットで働くことにした。本当に人の縁というものは面白く、色んな偶然が重なり、なおかつ運もあり、働く気などさらさら無かったのだが、とんとん拍子に話が進みスプリットで働くことになった。

色んな経験がしたかった。自分にとって旅に出るということの醍醐味は簡潔に言ってしまうと「異文化を知る」という一言に凝縮されると思う。自分の生まれ育った場所を離れ、違う価値観、違う時間の流れ、違う人生などに触れたかった。

異文化を知るためのアプローチの方法はたくさんあった方が、色々な側面から感じることが出来るので、自分ではそれを望んでいた。しかし、旅に出るまではどんな可能性があるのかということを現実的に思考することは難しく、それに拘束されるのも嫌だった。

だから、時の過ぎゆくままに、風に流される雲のように、人の「縁」をたぐりここまでたどりついたのだから、それにあがなうことなく身を任せてみようという気になったのだ。

とにかく、しばらくこのアドリア海の絶景を眺めながら働くことにする。

詳細はまた後で。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

魔女のしわざ???

ザグレブから南西に185キロメートル、クロアチア最大の貿易港でもあるアドリア海沿いのリエカという街に2日間滞在した。既にアドリア海を隔てた海の向こうはイタリアであり、クロアチアの沿岸はイタリアの食文化の影響を多分に受けているため、多くのイタリアンレストランがある。

2日間、リゾットやイカのフライ、パスタなどイタリア料理を堪能しながら、ビーチでのほほんと過ごしていた。海に入り魚と戯れ、日がな一日ビーチでのんびり過ごすことができた。この旅初のリゾートに来て少し浮かれていたのだろうか、この先に遭遇するトラブルをこの時は知るよしもなかった。

リエカから列車を乗り継ぎ、スプリットへ、そしてすぐさまバスに乗ってアドリア海の真珠とうたわれるドブロブニクに到着。噂にたがわぬきれいな旧市街。しかし、今はヨーロッパのサマーホリデイ真っ直中。とんでもない数の観光客がひしめきあっていて少々興ざめ。だけど、丘の上からのドブロブニク旧市街の眺めはすばらしかった。

そして、その日の夜11:00、宿に帰って鍵を取り出そうとポケットをまさぐったが、何もない。鞄の中をみてもない。
「やばい、鍵をなくした」
と気がつき、少々焦った。うーんどうしたものかと悩んでいたがしょうがない、宿屋のおばちゃんに謝ろうと考えていた途中、もっと重大なことに気がついた。
「あれ、電話もないぞ」
なんと、ポケットに入れといたはずの携帯電話が見つからない。それから、部屋を開けてもらい、バックパック、部屋、ありとあらゆる所を探したが、結局見つからない。きっとどこかに落としてきたのだと思い。すぐに旧市街へ向かった。

バスに乗るのも待ちきれなく、その辺にいたお兄ちゃんのスクーターの後ろに乗せてもらい猛スピードで旧市街へ向かってもらった。心当たりがあるところが3カ所。旧市街の東にある小さなビーチ、城壁のそとの公園、昼飯を食べたレストラン。

旧市街でおろしてもらい、そのままダッシュで3カ所に探しにいったが、結局見つからなかった。この旅での最大の失態。ビーチリゾートに浮かれ、まんまと携帯を失くしてしまった自分を恨んだが、どうにもならない。ちくしょーーー。

時間は既に真夜中。疲れ切った体でとぼとぼと宿に帰る。そして、鍵をなくしてしまってカンカンに怒っている英語の話せないおばちゃんが、クロアチア語で自分を罵る声がさらに深く自分を落ち込ませた。
ドブロブニク
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ザグレブ2泊目

夕方の6:30にMuradenと待ち合わせをしていた。その日はサッカーを見に行こうということだったのだが、コーヒー一杯飲んでいる間に話はずれてしまって、友達の家でウイニングイレブンをやろうということになっていた。

昨日とはまた違う家で、既に先客がいた。1人はこの家の持ち主で、髭をはやした青年。非常に物腰が柔らかく親切にしてくれた。もう1人はこの家の持ち主に自転車をもらいにきていた女の子。ひとしきり話をしたところで、女の子が席を立ち、入れ替わりに1人の男の人が入ってきた。かなりの長身で、左足全体にびっしりとタトゥーをしていた。

タトゥーの男は部屋に入るなりジョイントを作り、吸い始めた。彼の目からは明らかに警戒というか敵意の色を見てとれた。
タ「どっからきた」
自「日本だ」
タ「こんなとこで何やってる。仕事か。」
自「いや、旅をしている。2年間かけて世界をまわっているんだ」
タ「何故だ。日本にいられない理由でもあるのか。人でも殺したか」
自「いやそうではなく、ただの旅行だ」
タ「お前はバカか、なんのためにそんなことをやっているんだ。気にいらねぇ、殺すぞ。」
この後しばし口論。一触即発の雰囲気の中、初めに爆発したのは髭の青年。自分の家でそのようなことを繰り広げられるのが嫌だったのだろう。
「もう止めてくれ」
と言い残し、壁を殴りとなりの部屋に閉じこもってしまった。どうしようもなく気まずい沈黙の後に二人で謝りにいこうと話し合い、なんとかその場は収まった。結局その後も、タトゥーの男と話はしたのだが、彼の目から敵意の色がなくなることはなかった。

自分が日本人であるということが彼をいらだたせたのであろうか、それとも違う理由なのか。真意はわからないが、自分が異国にいるんだと強く感じた一日だった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。