スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Final

明日からのベルリン行きの準備もそこそこに、いつものごとく旧市街広場へ。家を5時ころに出た。広場のある街の中心部へは歩いて20分程度でつく。夕方の5時といっても気温はかなりのもの。カンカン照りの太陽の下、のんびりと歩いていても、汗だくになってしまう。

あまりの暑さに、自分のお気に入りの公園へ行って、お昼寝をしてしまったので広場付近に到着したのは7時。FATBOYSBARで一杯飲んでから広場へ行くと既にかなりの人が。その後は、チェコのロックバンドとチェコの歌姫的なシンガーのライブで少しずつ盛り上がりを見せる。

8時45分ユーロ2008決勝キックオフ。
euro+

euroě

euroš


結果はスペインの勝利。スペインを応援していたのでうれしかった。エスパニョールコールを叫び過ぎて喉がいたい。

巨大なお祭りが終わってしまった。
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

脆弱な心、無への願望、閉塞した自分。

朝目覚める度に、天井を眺める。

高い天井、真っ白な壁、乾いた空気。

見知らぬ天井を眺めながら少しずつ自分の存在を把握し始める。

おもむろにベッドから起きて、湯を沸かす。

コーヒー、パン、チーズで朝食をとり、しばらくぼんやりと 過ごす。

僅かなお金だけをポケットに詰め込み、街をぶらつく。

さて、今日はなにをしようか。

なんてことを考えながらも何をするわけでもなく1日が過ぎてゆく。

旅の時間にどっぷりと身を浸しながら、不思議な時間の流れとダンスを踊る.







まっ、要するに暇なわけです。ようやっと語学学校を決めたのはいいのだが、結局夏休み向けのコースしかなく、学校の始まりは7月7日から。4週間語学学校へいくことにした。ちなみにお値段は6万円くらい。たかだか4週間の学校がよいで劇的に上達するわけではないのはわかっているが、今よりはましになることを期待して決断。

色々情報を集めて、学校を片っ端から訪ねていったのだが、それだけでもかなりのよい英語の勉強になった。値段、場所、印象などをいろいろ考慮して決めたのが、家から徒歩5分の場所にあるカレド二アンスクールというところ。あんなにたくさんみてまわったのに 、こんなに近くになるなんてとほほです。

まっ、そういうわけで学校が始まるまで暇なので、明日からドイツ、ベルリンへ一週間行ってきます。準備をしながらうきうきです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Red Rose Festival

先週の週末は夏至の到来ということで各地でお祭りが開かれていた。自分は、三度チェスキークロモロフを訪れ、お祭りに行ってみた。このREDROSEFESTIVALはけっこう有名らしく、普段は静かなこの街も、この日ばかりはたくさんの観光客で埋め尽くされていた。

ちなみにREDROSEとはこの街の支配者であったローゼンベルク一族の家紋からきているらしい。土曜日の夕方に到着したため夕食をごちそうになってから街に繰り出してみた。
redrose1

人でいっぱい
redrose2

金太郎飴ならぬ金太郎ケーキ
redrose3

しばらく広場を見学してからTOLと合流し、ワインをあおり、PUBへLets Dancing
redrose4

redrose5

次の日は締めくくりとして昼からパレード。いろんな伝統衣装を身にまとい、広場からお城まで行進。とっても楽しいお祭りでした。
lake

お祭りの最終日と次の日が最高に暑かった。特に日中は37度くらいあったので、お母さんが近くに泳ぎにいってらっしゃいということで家から歩いて15分程度の湖で水泳。家のちかくにこんな大自然があって驚き。森に囲まれた湖で必至にクロールしてました。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

復職ならず

14日から再びチェスキークロモロフへ行っていた。結局楽しみにしていた特別講義は学校の日程調整ができずに延期になってしまった。残念。そのお詫びにとマリックが夜にPUBに連れていってくれた。結局その日は3件のPUBをはしご。1件目は歩いている途中に外からJAZZのライブをやっているのが見えて、それを見たマリックがどうしても行きたいというので、入った。

中に入ると店の中は超満員。若いカップルからおじいちゃんおばあちゃんまでいろんな人たちで埋め尽くされていた。中には入れないかなと思ったけど、マリックの知り合いがいて、なんとか入れた。演奏は木琴を中心にピアノ、ベース、ドラム、サックスの5人。ピアノの人がすごく有名で、チェコのJAZZ界では草分け的存在らしい。

まあ、自分はJAZZについてはまったく知識がないし、普段あまり聞かないのでよくわからないのだが、それにしてもかっこよかったし、素晴らしい演奏だった。特に木琴をあんなにかっかよく演奏するのを初めて見た。3度のアンコールに答え、最後は皆がスタンディングオベーション。とても暖かい雰囲気で心地よかった。

2件目は前にも来たことがあるPUB。名前はわからんが若い人たちで賑わっていた。案の定今日もかなり盛り上がっている。ビールからチェコの地酒べへロフカに切り替えたのがまずかったのか、かなり酔っ払ってしまった。

3件目はジプシーPUB。マッチョなジプシーがオーナーのこぢんまりとした雰囲気の良いPUB。その頃には、既に夜が明けてきて、鳥のさえずりが聞こえていた。タクシーで帰宅。

翌日は、お父さんが帰ってきたので、ご挨拶。午後には、広大な庭の芝刈を手伝ってくれと頼まれたのでお手伝い。すぐに終わるかと思ったが、かなりの 庭の広さ。芝刈機を使い、二人がかりでたっぷり3時間かかった。お父さんは今年で62歳。毎週芝刈しないとお母さんに怒られるんだといってぼやいていたが、実に楽しそうに芝刈をしていた。

芝刈り後に風呂に入り一杯。その日はチェコ対トルコのサッカーの試合。決勝トーナメント行きがかかった大事な試合。トルコの劇的な逆転劇により3ー2でチェコ敗退。お父さんはチェコの点数がはいるたびに小躍りしながら喜んでいたが、最後は憮然としてすぐに寝てしまった。

試合中は窓の外から街中に応援の叫び声が聞こえてきていたのだが、試合が終わるとうって変わって静寂が広がる。お母さんがもし試合に勝っていたら、夜中まで声が聞こえてくるのよと教えてくれた。うーーん残念。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

復職

今週の火曜日にプラハに戻ってきた。決して、毎日のようにPUBへ行って、サッカーをみるために帰ってきた訳ではない。しかしながら、家の近くのパブにはプロジェクターででっかいスクリーンにサッカーを映す所を発見し、毎日行っている。特にこの間のチェコ対ポルトガルの試合は盛り上がった。結局チェコは負けてしまったが、面白い試合だった。

昨日のオランダ対フランスも おっと、決して毎日サッカーを見るために帰ってきたわけではない。できるだけ早く語学学校へ行きたいと思っているのだが、中々いい条件の所がなく決めかねている。結局まだ見つけていない。いくつかの学校に問い合わせてたのだが、希望するような授業形態がないということ。そうすんなりうまくはいかないもんだ。

それはそうと、今日からもう一度チェスキークロモロフに行く予定だ。前回会えなかったお父さんにも挨拶したいし。とても気に入ってしまった。理由はそれだけではなく、もうひとつある。それは、特別講義を頼まれたからだ。

彫刻家のマリックは今は彫刻つくるだけでは食べていけないので、美術の学校で先生をしているということ。この間披露した習字や漢字にいたく興味を覚えたらしく、生徒たちに披露して欲しいというのだ。

チェスキークロモロフにも当然のように日本人観光客がたくさん訪れている。日本人に限らず、中国人や、韓国人、たくさんのアジアの人たちが訪れている。そして、そういった観光業によってこの街の経済が支えられているのは周知の事実。だから、ツーリストがきてくれるのは嬉しいのだが、ツーリストはただ来て、去っていくだけ。社会的なつながりや、関係を残していくことはないとマリックはいう。

自分もツーリストなのだから¨、当然観光して、ただ去っていくのみ。旅行や放浪というものは極めて個人的な行為だと僕は思う。ただ、自分の生き方を選択する中で、放浪という選択をした視点こそが自分にとって大きな財産となり得るのではないかとも思う。

話がずれてしまった。元に戻すと、来週の月曜日に1時間特別講義をしてくれというマリックからの提案を快諾したということ。君は毎日授業していたんだろう。1時間だけでいい。というマリックに日本語でね。とつっこみを入れたが、その言葉は彼には届いていなかった。

まあせっかくの申し出、いい経験になるだろうということで、夜な夜な内容を考えている今日この頃である。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。