スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

出エジプト記 

ルクソールでのある日のことである。その日は早朝にルクソールに着き、素早く観光を済まし、その日の夕方にはアスワンへと向かう予定だった。どこへ行こうかと迷ったが、長時間のバス移動で疲れてもいたし、また移動なので軽く一つだけ観光して後はダラダラしようということになった。

かといってそれまでは毎日しっかりと観光していた訳ではない。大体においてどうするかとなった時に「とりあえず、ゆっくりしない?」というのが我々の口癖になっていた。この日もいつものように少し観光、後はゆっくりということで意見がまとまった。観光はカルナック神殿に行くことにした。

カルナック神殿は壮大な規模の大多柱室で有名な古代エジプト最大の神殿である。街の中心部に位置するルクソール神殿から北東へ約3km。歩けない距離ではない。途中スークをひやかしながらいけばすぐに着くだろうと思い歩いていくことにした。スークは思ったほど長くかったが、たくさんのお土産物や食料品、鳥まで売っていたりと歩いて飽きなかった。スークを出て、歩いていると一人の少女がJ君に話しかけてきた。

「ワンポンド、ワンポンド」

バクシーシを要求している。手にはそこら辺に咲いていたであろう花を持っている。花をあげるからバクシーシをよこせということなのだろう。エジプトでは珍しい光景ではない。バクシーシとは簡単に言うと「ほどこし」という意味だろうか。持っているものが持たざるものに対してほどこしを行うことによって「カルマ」、所謂「徳」を積むことができるという考え。

しかし、我々は観光地での過剰なバクシーシ攻撃に辟易していた。無論どうしてもあげたくなってしまうような、どうしょうもない貧しい人々もいた。だが、そんな時は持っているお菓子などをあげたりしていて、お金はあげていなかったのだ。お金はあげないと理由もなく決めていた。丁度その時はあげられるようなものは何も持ち合わせていなかった。

この問題については旅をしていたら誰でも考えることだろう。あげるべきかあげないべきか。大した知識もないから何が正しいのかはわからないが、その人自身が決めることだろう。いいも悪いもないと思う。何故だかこの時僕は物はあげるけど、お金はあげないと頑なに決めていたのだ。

その少女は年の頃は4・5歳であろう。舗装をされていない道路を裸足で粗末な衣服を着て我々についてくる。「ワンポンド・ワンポンド」この少女以上に貧しい人を見てきていない訳ではない。子供を抱えた女性や、目を覆いたくなるような体の病気の人の乞食もいた。
この少女が特別な訳ではない。

だが何故か心が揺れる。あげてしまおうか。いややめておこう。その繰り返し。今までだってたくさん見てきたのにこんなに心が揺れることは初めてだった。少女の手に持たれた花がその場所には似つかわしくないほど綺麗ではかなげであることと何か関係があるのだろうか。

結局我々は何もあげなかった。その少女は酷暑の中、30分も我々についてきて無表情のまま立ち去った。しばらく僕とJ君の間には何も会話はなかった。だが、彼も何か感じているのだろうことは容易に察することができた。

人が持って生まれてきた一生というのは残酷なものだと思う。この世に永遠に存在する真理など何もない。生まれは消え、生まれは消える、そんな泡沫のような人の一生でさえ矛盾と無慈悲な理不尽さにあふれている。

生きていくという行為はその耐え難いような残酷さを少しずつ和らげていくことなのだと思う。例えば絵の具で塗りつぶしていくように。それもその残酷さはいつもそこにあって決して消えるようなものではないから、いつまでも塗り続けなければならない。そんな作業を死ぬまで繰り返す。できるだけ希望に満ちた色で。

イスタンブールからエジプトのカイロまで約2ヶ月間、J君と2人で旅をしてきた。とても素敵な日々を過ごせたと思う。どんな毎日だったかはこの場では詳しく書けないことも多々あるが・・・。一人旅とはまた違ったよさがあった。

カイロの空港まで見送りに来てくれたJ君には色々と伝えたい感謝の気持ちがあったのだが、最後の最後までエジプト人のどたばたに巻き込まれ、瞬く間に別れてしまった。でもまたいつか会える。そう思い描けることは希望に満ちた色であることは間違いない。そう思いながら、飛行機に乗り込んだ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
コメント

No title

ワタシもこのコトには・・・。ナゼか一度もお金をわたしたことはないです。
なんで?って聞かれると答えはないんだけれど。
インドネシアでOZがお金欲しいか?って現地のコドモに言ってるのをみて殴ってやりたい気分になったし。
よくわからないけど、旅ってそういうことなんでしょうね。

。。。

なんかまとまりないコメでごめんなさいっ!

cocoloさんへ

なぜって考えても答えがでなことが多いですよね。でもそれでいいのかもとわからないから自分なりに考えて試行錯誤することに意味があるのかなと思います。こちらこそ思いっきりまとまりがなくごめんなさい。
現在インドで色々と衝撃受けまくってます(笑)

No title

ひさしぶり。
最近、更新なく少し心配していますが大丈夫っすか?
栃木はすげー寒いですが、そっちはどうですか?
大変だと思いますが、また旅情報UPしてください。

No title

shu2さん元気そうですね。ボクも元気です。
帯広は極寒です。
最近MacBook買いました。ボクもエジプトに行きたいよ~!
帰ってきたら一緒に呑みましょ。
               では。

tacさんへ

ひさしぶり。現在インドのゴアに潜伏中です。インドに入って以来ネット環境があまり良くなく、その上毎日のカレー地獄による体力低下、暑さによる疲労などが重なり中々更新できていない状態です。ただ、ここゴアではインドの喧噪もなくリゾート気分全開なので少しずつ回復の兆しが見えてきているので頑張って更新したいと思います。それではまた。

トラブリューTKさんへ

ひさしぶり。元気?僕は少し元気ではなくこの旅始まって以来の体調の悪さを経験しています。きっと暑さによる夏バテだと思います。エジプトではジョジョの奇妙な冒険を読み返し、とても興奮していました。ホル・ホースに会いました。帰ったらスタンドを身に付けているかもしれません。一緒に飲みましょう。北海道は真冬だと思うので体に気をつけて。それでは、また。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。