スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

インドへ

1月17日
11:00、デュッセルドルフ発フランクフルト行きの飛行機に乗る。準備を直前にしたためあまり睡眠時間を確保できず寝不足だったので眠っていたらすぐに着いた。フランクフルト空港へ着くとすぐにAir Indiaのカウンターへ行きチェックインを済ます。

さてここから一仕事残っていたので、「よし」と自分に気合を入れてQatar Air Linesのカウンターを探す。膨大な数のチェックインカウンターがあり、インフォメーションで聞いてやっと発見した。が誰もいない・・・。

隣の航空会社の人に聞くと、今日は土曜日でフライトが午前中だけだったので、全員帰宅したとのこと。ドイツ国内並びに全世界の予約カウンターも閉っているという。どうしたものかと途方に暮れる。時間が迫っている・・・。

事の始まりは1月2日。年末にアムステルダムに遊びに行ったり、大晦日、正月と出歩いていたためその日はゆっくりとして、インド行きの航空券を取ろうと考えていた。いくつかの候補のうちQatar Air Linesが最安値を記録していたので、そこに決めた。

すべての情報を入れて最後の確認ボタンを押すとエラーメッセージが出た。システムの故障のためBookingできないとのこと。もう一度繰り返しても同じ。次の日に繰り返しても同じ。合計3回同じことをしてもどうにもならなかったので諦めた。

もちろん、BookingされていないのだからConfirmationもきていない。結局、Air Indiaで取ることにしてチケットを予約した。インド行きは1月17日。デュッセルドルフ~フランクフルト~ムンバイ。

ある一通のE-mailを受け取ったのが1月16日の深夜のことである。その内容はフライト36時間前になったのでWebチェックインできますよとのこと。その送り先はQatar Air Lines。 なんじゃこりゃと思い、何かの間違いだと考えたがどうも胸騒ぎがする。

クレジットカードの履歴を調べてみると、なんとQatar Air Lines から3回も引き落とされている。ということは使いもしないチケットを3枚も買っていることになる。このままではみすみす大金を失いかねない。一瞬パニックになったが冷静に考えてみると、出発前にならどうにかなるかもしれない。きっと出発後はどうにもならないだろうと考えすぐに連絡を取ろうとしたが、金曜日の深夜。どうにもならずに寝てしまった。


次の日は土曜日なのでどこの予約センターにも連絡が取れない、一応E-mailで送ってみたが怪しいものだ。かといってインドに行ってしまってからでは交渉は困難を極めるのは火を見るより明らかだ。

残る手段としてはフランクフルト空港で直接交渉しかないと判断。できてみると全員帰宅・・・。怒りと焦りは頂点に達していた。これだけ、カウンターがあって閉っているのはQatar Air Linesのみ。「何なんだお前らはー」と叫びたくなるのを抑えて、次の手段を考える。

次の手段としては片っ端からQatar Air Linesの予約センターへ電話してみること。PCをネットに繋げ、ホームページを見てみると、途方もない数。とりあえずドイツ国内だと思いベルリンへかけてみた。そうすると奇跡的につながり人が出た。

事情を話し、リファウンドをしたい旨を伝えると、帰ってきた答えは「それは僕の仕事じゃないから何もできないよ。来週にでも同僚に伝えておくから」だから(怒)そうすると飛行機が出発しちゃってリファウンドできなくなるかもしれないってことをさっき説明しただろがーーー(怒)

と反狂乱になりながらわめき散らすと、「わかった、わかった。とりあえず君のConfirmationを送ってあげるから5分待ってくれ」と言って電話を切った。しかし、5分経っても、20分経ってもメールは来ない。不審に思い、ベルリンへ電話してみると、機械の音声が今日の営業は終了です、とのこと。逃げたなと思った。

怒りのあまりビールでものまなきゃやってられんということで、ヴァイツェンビアーをあおる。何度他の所へ電話してもつながらない。出発の時間も迫っている。まぁしょうがない、かなりの大金だがすぐさま帰国しなければならない程のものでもないかと半ばあきらめながらホームページを見ていると、一つの電話番号を見つけた。

その電話番号はカタール国内だが、リファウンド専用と書いてある。一縷の望みを託し、電話をしてみると、女の人が出た。事情を説明するとあっさり、「あなたのリファウンドを受理したので、あとはメールで確認して下さい。」とのこと。

あまりにあっさりしていたので半信半疑のまま、ムンバイへと飛び立った。ムンバイに到着後メールを確認すると、しっかりとメールが届いていた。この一件のことが常に頭にあり、あまりにあたふたしていたのでインドに対する心構えとかそのようなものを何も持たずに、気がつくとそこはインドだった。混沌が待っていた。
wisen

スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
コメント

こんばんは。

こんばんは。

今日は休みにして、
おてんば娘と、一緒にブログ覗いてます。
集中して見れません(T_T)
また、後でゆっくり見させていただきますね!
失礼します。

RYOさんへ

コメントありがとうございます。レスが遅くなりすいません。しばらく放置状態でしたので・・・。しがないブログですが、よろしくです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。