スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

モンテネグロ コトル

夕食はいつもの安食堂で食事を取った。メニューはとろっとしたビーフスープにパン、それに少し奮発しトマトとキュウリそして大量のチーズがかかったサラダとコカコーラ。アントニオはビーフスープの他に、もう一品頼んだのだが、二人ともモンテネグロの文字はまったく読めないので、当てずっぽうに頼んだ一品。

運ばれてきたのはソーセージ入りの豆スープ。二杯のスープをたいらげたアントニオは苦笑いしながら

「俺はスープが大好きだからね。」

とおどけてみせた。その日は、宿をとっているモンテネグロのコトルからバスで2時間かけてセティーネという村へ二人で一日観光をしてきた。コトルにくる前はもう少し人がいないと期待していたが、ここにもヨーロッパからの観光客が押し寄せていた。

それにまして、日中は日差しが強くとても歩いて観光などできやしない。しかし、フィヨルドに囲まれた街のロケーションは抜群で、まるでここだけが外界から隔離されているのではないかという印象を受ける。

そこで、日中の強い日差しをさけるべく、山あいにある小さな村セティーネに涼を求めていったのである。標高が高いので涼しく、モナストリーを見たり、コーヒーを飲みながらのんびりして帰ってきた。それでも、朝早くから動き回っていたので二人とも疲れていて、食事後は海岸沿いのアリババというカフェバーでビールを飲みながらだべっていた。

アントニオとはコトルのバスステーションで会った。その前に自分はコトルについた段階でまったく宿の当てがなかったので、客引きの夫婦との粘り強い交渉を終え、夫のジュールとコーヒーを飲んでいた。奥さんのワシイリは他のバスの到着を待って客をつかまえにいったのだが、それで見事つれたのがアントニオとイギリス人のカップル、ウイリアムとジョー。そして、自分とアントニオで部屋をシェアすることになったのだった。

ゆったりとした時間の流れのコトルの海岸沿いで、ふいにアントニオが日本の国家を聴かせてくれといったので、軽くワンフレーズだけ歌ったのだが、その後にアントニオはまるまる一曲イタリア国歌を歌ってくれた。日本の国歌と正反対の陽気なイタリア国歌を歌い終えたアントニオは調子づいてきたのか色々歌い始めた。

何曲目であろうか。何やら聞き覚えのある歌が聞こえてきた。

「ん、何だっけこれ」

それは宇宙戦艦大和のテーマ曲だった。なんでこんな歌知っているのかと驚き、理由を聴いたところ、小さい時に大好きだったテレビアニメの歌なんだと教えてくれた。その次に飛び出したのは聖士星矢のペガサス幻想。イタリアでも日本のアニメは大人気らしい。

でも、一番のお気に入りはマジンガーだそうだ。Zは嫌いとのこと。その辺になると自分よりも詳しくよくわからなかったが、陽気なイタリアンにつられ何度も歌い、楽しい一時を過ごしていた。いつしか、少し落ち込んでいた自分の気持ちもすっかり消えていた。
antonio
写真 アントニオ セティーネのモナストリーにて
スポンサーサイト
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
コメント

No title

黙って、ニコニコしながら聞いているshu2の顔が目に浮かぶよv-34携帯は、やっぱりみつからなかったの?警察とかには、届けたの?
で、shu2は、歌わなかったのかい?日本の歌をv-14

syunさんへ

携帯はみつかりませんでした。保険会社に連絡すると置き忘れや失くしてしまったものは保険の対象外といわれ、警察にも届けませんでした。でも、機種変更してもらって、9月にはまた新しい携帯が、手元に届くようになりました。

北斗の拳、タッチを歌いました。ってアニメばっか・・・。

No title

北斗の拳って、もしかして、いわっしゃ~んってやつ?おもしろすぎるよv-8

syunさんへ

まさしくそれです。
二人で合唱してました。
何をやっているんだか・・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。